コラム:高円寺にまつわるエトセトラ Vol.1 ~フジファブリック~

column_etceterac01-01.jpg

新しいコラムです。このコラムでは筆者である山﨑あすみが、高円寺にまつわる様々なことについて、特に大好きな音楽を交えつつ綴っていくものです。時々お付き合いいただければ幸いです。

3人組ロックバンド「フジファブリック」が2009年に行ったライブ映像が、10年経った今年7月にリリースされることが決定した。

10年越し。

この10年には大きな意味がある。前ボーカルギターの志村正彦という男が亡くなってから10年が経つのだ。

わたしがフジファブリックを知ったのは中学1年生の夏で、ラジオから「銀河」が流れてきた時「なんだこの曲は?っていうか、なんだこのバンドは?天才か!?」と、一瞬にして心を奪われたのを覚えている。

すぐにかかっていた曲を調べ、フジファブリックというバンドの「銀河」という曲だということを突き止め、近くのレンタルCDショップに並んでいたフジファブリックのCDを全て借り、それ以来今日までずっと聴いてきた。大学に入学するまで地方に住んでいたため、「大学生になったら絶対に東京へ行って、フジファブリックのライブにいくんだ」と考えていたが、2009年の12月24日、彼は突然帰らぬ人となってしまった。

彼は18歳で山梨から上京してから8年間、この高円寺の街で暮らしていた。東高円寺にある音楽スタジオ「ロサンゼルスクラブ」でアルバイトをしながら、現実を目の当たりにし、焦り、悩み、新しい音楽を作っていた。

とあるインタビューの中で、『高円寺は東京での原点中の原点』と語っている。フジファブリックの代表作「茜色の夕日」のCDのジャケットに高円寺陸橋の写真が使われているのは、きっと上京した頃の初期衝動や原点を忘れないため、そして彼自身が愛した街の風景をいつまでも心に留めておくためだったのかなぁ、と今になって思う。

彼が高円寺に住んでいた時代、駅前のロータリーで一度だけ弾き語りをしたことがあるらしい。ひとりでやるのが恥ずかしくてお金が入る前に帰ってしまった...というが、彼の弾くアコースティック・ギターの音は、この中通り商店街まで響いていたかもしれない。

<テキスト:山﨑あすみ



ミュージックストリート2018 ありがとうございました!

10月27日・28日に高円寺仲通商店街ミュージックストリートが行われました!昨年はあいにくの雨でしたが、両日ともに最高の秋晴れの空!みなさまの日頃の行いが良いおかげですね!

今年で7回目となるミュージックストリート。今年も会場は、丸十ベーカリーヒロセ 前・餃子の王将 前・ニュー高円寺インディア 前・九州みくに 店内・ファミリーマート 高円寺駅西店 前・レコード&バー SUB store 店内・チーズ喫茶 我輩は山羊である 前の計7箇所です。

フェスは両日ともに、ニューオリンズマーチングバンドによるパレードからスタートしました。フェスの開始を告げるパレードにはベリーダンサーの方も参加してとっても華やかでした!2日目はハロウィンらしくかわいらしい仮装をしているちびっこメンバーも。



びっくり大道芸 2019 開催のお知らせ

20190403_daidogeiposter.jpgゴールデンウィーク前半の恒例となりました「高円寺びっくり大道芸」。第11回となる2019年は「超越」をテーマに行います。

国内外のパフォーマーによる多彩なパフォーマンスが、高円寺全域で楽しめます。中通り商店街でも大道芸をお楽しみいただけます。

ゴールデンウィークのはじまりは高円寺から。みなさまのご来場をお待ちしております!

開催概要


昨年行われました「高円寺びっくり大道芸2018」の様子はこちらからご覧いただけます »



大盛況 ありがとうございました! 第9回 高円寺演芸まつり

2月8日〜17日、第9回 高円寺演芸まつりが開催されました!高円寺中通り商店街では、2月9日にBAR IMPRONTAで、2月15日に幸寿司でそれぞれ落語会が行われました。



大盛り上がりの抱瓶40周年祭

ライターの山﨑です!少し前(いや、結構前ですね)のお話になりますが、2018年9月14日(敬老の日)に、炎の沖縄居酒屋「抱瓶」の40周年記念イベントが行われました!

会場は高円寺が誇る劇場「座・高円寺2」。イベントが始まる直前は小雨が降っておりましたが、たくさんのお客様がご来場くださいました!今回はその時のイベントの様子をご紹介いたします。