ミュージックストリート2017 開催のお知らせ

20171023_musicstreet.jpg

高円寺中通り商店街では、高円寺フェス2017が開催される10月28日(土)・29日(日)に大好評のミュージックストリートを同時開催いたします!

高円寺中通り商店街内の6つの会場で、いろいろなジャンルのミュージシャンによるパフォーマンスがお楽しみいただけます♪

会場・スケジュール

20171025_musicsteet2017_schedule.jpg

出演者プロフィール

in the peace

vo.harp.西山ゆい、g.vo小阪惇平。2008年、黒人音楽を愛する2人により活動を開始。年間150本近くライブを敢行。全く体制に媚びない、ルーツミュージックを基本にしたサウンドはイナタくブルージー、しかしどこかお洒落で心地いい。ルックスとは異なる歌声とギターで男女問わず様々な年齢層から支持を受け続けている。
http://inthepeace.com

聖なる回文ブルース

KIZUNBINHA (キズンビーニャ)

2011年、東日本大震災を機に、DRUMS PROSHOP GATEWAYがその存在意義とブラジル音楽への愛を捧げるべく、ライフワークとして立ち上げたサンバブロコチーム。2016年は、代々木公園で催されたブラジルフェスティバルのオープニングアクトも務める♪ブラジリアンパーカッションマスター、木木ヒデキをリーダーに、GATEWAYドラムスクールの講師陣や、店に出入りするプロミュージシャンを口説き落としつつ、近隣の子供たちやそのお友達、親御さん達など、世代や職業を超えた異色のメンバー構成が特徴。杉並区富士見ヶ丘を拠点に、地域のお祭りや各種イベントの他、近隣小中学校、施設でのイベントなどにも多数出演し、フルメンバーでの地域密着な活動と、精鋭メンバーでのライブ活動を両立し、日本の音楽シーンにサンバの風を巻き起こすべく活動中!年齢、性別、経験不問!メンバーも随時募集中です♪

JabBee

スモーキーでダイナミックな歌声、ギターのカッティングのシンプルな弾き語りにサックスやクラリネットで彩を添えるladyeria。ルーツミュージックの香りを漂わせるオリジナルのポップミュージック。現在、ニューアルバム製作中。全国ツアー企み中。趣味はサイクリング・料理・登山・亀飼育。

Izakaya Band

2016年、井上大地を中心に東京下北沢で結成。フィルム音楽さながらの多彩なオリジナル楽曲と、気だるくドライブするサウンドはLate 50s - early 60sを彷彿とさせる。2017年Adam Levy(Norah Jones, Allan Tosan)の来日公演を企画。同年、米国Lost Wax Recordsより1st EP盤 "Drivin' Route 264" を発表。東京が夢見た、異国の路地裏へと誘うオルガントリオ。

CABBAGE & BURDOCK

2014年結成。マカフェリギター2本、ボタンアコーディオン、コントラバスに歌をのせて、時に激しく、時にキッチュに、時にセクシーに。フランスの伝統音楽Gypsy Jazzに傾倒しながらも、ジャンルにとらわれず、歌い、踊り、叫び、喜ぶ!

アノアとペロ

ピアノと歌のanoaと、ミニドラムとたまに歌のペロ魚谷からなるトリオを超えたシンプルデュオバンド。anoaはピアノと踊り、ペロ魚谷はコミカルな見た目とドラマーをうならせるテクニックで、ゴキゲンライブを繰り広げ、大人から子供の心まで踊らせている。

ぬかるみ天国

THE R.O.X

2009年結成。2016年現在メンバーはガクガTHE R.O.Xのみ。自称、「ナインインチネイルズみたいなもんだ」と言い張る一人バンドプロジェクト。サポートバンドとしてGently Weeps Bandを率いる。2013年 渋谷クラブクアトロ、2015年 六本木スーパーデラックス、2016年 渋谷クラブエイジア...年に一度魂のイベントを開催する、熱血バンド。今回はソロで登場。

キャバレー来来

無邪気で色っぽい、そんな不思議な魅力を持つ仲間で最高のエンターテイメントショーをお届け!みなさんの心をワシヅカミ!

Clap Stomp Swingin'

黄金時代に想いを馳せる今を生きるスウィングバンドがあなたの街を踊らせる♩ 古き良き時代のファッションとサウンド、時を超えたスウィングのリズム、個性溢れるパフォーマンスを武器に、国内ツアーのみならず海外のスウィングフェスティバルへの出演等、国内外に活動の場を展開中!

塚本功

ネタンダーズ、ピラニアンズ、小島麻由美、SLY MONGOOSEなどで活躍するギタリストでサウンドクリエーター。ギターソロでのライブ活動も行う。セッション+参加バンドはUA、イノトモ、玲葉奈、SION、ワタナベイビー(ホフディラン)、アポジーズ、ピアニカ前田、入江雅人、中野律記、ソウル365、SIGN、小塚+植村+塚本ユニット、クリオラ、アフロブルー、など数限りない。フルアコースティックギターのナチュラルトーンを大切にしたプレイにファンも多い。1996年の山崎まさよし主演映画『月とキャベツ』には俳優としても出演した。

クロフトジン

黒崎ちえみと太田太(フトシくん)と宮本仁のユニット。投げ銭が沢山入るのを夢見る3人組。

choro'n' POW

choro and Peace Of World、"choroは世界を救えるのか?"を命題にかかげ、金管と打楽器だけでchoroを演奏する世にも珍しい楽団。どうぞ小龍包と呼んでください。choro.samba.bossa nova.J-pop.enkaまで広すぎるレパートリーを芸達者な楽団員たちが奏でます。ちょっとおかしくて、おどれる心地よい音楽をあなたに! 和田充弘(tb)、黄啓傑(tp)、松永敦(tuba)、見谷聡一(pandeiro)。

ダイヤ・ピアノ・サンタ

面白いピアニスト。軽快な歌に乗せて、 クラシック音楽、ブギウギ、日本民謡を取り入れた独特のピアノスタイルを演奏する。都内を中心に演奏活動を行い、 劇場やライブハウスを感動と爆笑の渦に巻き込む。

木製の椅子

jazz、Blues、Soulをゴクリと飲み込んで紡ぎ出される、色気と強さのロックンミュージック。(Voシマダユリカ/Gt松澤雅城/Wb前田治/Acc竹廣類/Dr村田NAGA暢宏)

ペーソス

風俗ライター舐達磨親方こと島本慶が作り歌う、初め可笑しくやがて哀しい平成歌謡!ギタリスト米内山尚人は介護の如く伴奏をし、今時珍しい専属司会スマイリー井原は笑わないのにスマイリー。踊るクラリネット近藤哲平が新加入し、さらに盛り上がる高齢化社会派バンド!

スパバンド

なんだかおしゃれ。だけど、おもしろい。おしゃおも系soulバンド。スパバンド‼ ︎餃子の王将前で暴れます。今回の出演ではメンバーの持病により編成を変えての参戦‼︎ 詳しくはスパバンドのHPをチェケラ【スパバンド】で検索してネ。

テツモトミキ

名古屋の酒場の歌い手。JAZZスタンダード曲etc、オールドスタイルを中心とした、ピアノ弾き語り。"お酒が進む音楽"をモットーに、主に名古屋、時々、中央線沿線にて活動中。

Billy Joe & Coctail Swing

夢Brass Band

オリンピア、エクセルシオールなど伝統的ニューオリンズブラスバンドサウンドをルーツに持ちながらも、マエストロ近藤の破壊的ともいえるパフォーマンスと融合し唯一無二の世界観を作り上げる。

GYPSY VAGABONZ ジプシー・ヴァガボンズ

2005年10月にギター大西孝旺とヴォーカル&フルート秀子を中心に結成。ギター2本、コントラバス、バイオリンによるアコースティック楽器5人編成のバンド。ジャンゴラインハルトでお馴染みのジプシースウィングジャズを基盤としながら、ラテン、ブラジル音楽、ロックなど様々なジャンルの音楽のエッセンスを存分に取り入れたオリジナル曲はユーモア溢れるアレンジを加えて独特のサウンドを生み出している。

コルク&クラウン

ビールがおすすめの「ビアエンジン」とワインがおすすめの「インプロンタ」が、高円寺の酒飲みたちを元気にすべく立ち上がった!お酒が飲みたくなる音楽満載!真っ昼間から酒酒言ってスミマセン!(笑) 一緒に歌って飲みましょう!

りか

ゲスト:大塚雄一。ハワイアンでは『ない』ウクレレ弾き語りスタイルで、大好きなジャズやブルース、昭和歌謡、オリジナル曲を、日本語で歌うボーカリスト。目指すは平成の江利チエミ!?今回はアコーディオン奏者の大塚雄一さんとのコラボで、さらに懐かしい匂いのする演奏をお届けします。

ミチマチガエタズ

堀口知江

LEARNERS / モッチェ永井&TENDERLY'S のギターリスト。CHIE & THE WOLF BAITSでは作詞作曲、ボーカルを担当。

fuyurico

ボーカルのノリコとギター&ボーカルの冬樹のアコースティックデュオ。60年代から現代までのソウルミュージックをカバー。都内ミュージックバー等で活動中。
http://fuyurico2014.wixsite.com/fuyurico

とんちピクルス

ウクレレの弾き語りや自作カラオケでのラップ、犬の人形との対話などで人生の哀歓を描く、福岡の秘宝とんちピクルス。笑いあり涙ありの歌謡スペクタクル!! 福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。淋し い歌からエロい歌まで、人形メンバーと繰り広げられるステージは、夜の大人の学芸会といった趣。本人は『TPOわきまえてる』って言うけど、あたしは嫌 い。大嫌い。泣いて笑って明日の活力にしていただけたら本望です。CD「とんちピクルス」、レコード「RECODAS」、「夫婦げんか/弟よ」発表。
http://happy.ap.teacup.com/tonchi/

ホビロンズ

日常の割とどうでもいいことを、良い感じに歌うホビロンズです。

木村大輔

Shiuta

やちむん奈須重樹

キツエン

赤松ハルカ

中毒性のあるキャッチーなオリジナルソング、古いジャズ、ロックンロール、ブルース、フレンチポップ、昭和歌謡をパーラーギターにのせて。ソロ活動のほか、キャバレー来来、BINJU、東京カンカンリズム、河合勝幸氏率いるディキシーランドジャズバンドなど様々なバンドでも活動中。

アギラアツシ&the GKG-1

高円寺ミュージックストリートの出演が決まったが、自身のバンドメンバーが多忙につき危うく弾き語りせざるを得なかったナギラアツシが、巧みなバンドマンナンパ術でまさかの自身のバンドより多いメンバーを集める事に成功!!メンバーはNell Dripのベーシスト蔦谷利彦、チーナフィルハーモニックオーケストラのスチールパン奏者タカヒロ、宇田川別館バンド/MAHOROBAよりドラムのGOLTAとサックスRin!この日だけの一期一会か?はたまた続いていくのか?その結果は如何に?? ※注:GKGはギックリ腰の意。-1はスチールパンのタカヒロがギックリ腰ではない為

大石みつのん

"Swingin' Chameleon"の異名をとる酒場音楽家。世界中のコアなルーツ・ミュージックファンを熱狂させた"ちょい濡れボーイズ"解散後、ソロに転身。1900年代初頭のJAZZ/JIVE/BLUES/WESTERN SWINGへのオマージュと大いなる勘違いにより生まれた楽曲で今夜も日本のどこかで酔客をズッコケさせる。
http://mitsunon.exblog.jp/

Yossy's

流線Kグルーヴ

カマタミズキ

信國実乃里と黒いパセリ

one more note

江口優

昭和51年4月7日生まれ・長崎県出身。りぶさんのボーカリストととして日本各地で年間100本以上のライブを行う。2016年のりぶさん活動休止とともにソロ活動を本格的に開始する。日常のちょっとした風景を切り取りながら、時にシャウトし熱く、時に静かに切々と歌い上げる。

おこめ

Claypipe Brothers

舞笛

マユミール&エスパー

黒人のブルース・ジャズを50年代頃までの小粋なムードで演奏することをモットーに2016年春結成。

ネルマーレ

ラテンのリズムに乗るスパニッシュギターと郷愁を誘うアコーディオンの音色が地中海の港へと誘うラテンポップ・ミュージック・バンド。

夜のギターズ

ブルームーンカルテット feat. 坂本愛江

アイリッシュコーヘイと藤田まゆみ

ハッチハッチェルバンドのギター担当:アイリッシュコーヘイとアコーディオン担当:藤田まゆみ。お互いの家が近所という理由で2013年秋頃から活動を開始し各地で活躍中。オ リジナル曲をはじめ、ジプシースウィングやシャンソンなどワールドミュージックのカバー曲などのレパートリーを持ち、ふたりとも歌もうたう。ゆるりとした雰囲気の中、ピリッとスパイスの効いた演奏を繰り広げる。また、たまに使用するアンデスという楽器を用いた楽曲の人気も高い。

ナラハリ東京(カポエイラ)

スダッチ&SPコネクション

オールグリーンかもしれないソウルミュージックでShow!

徳力洵BAND

徳力洵(Vo.G)、RAB宮本(sax.vo)、わかちゃん(pf.vo)、Qちゃん(Ba.vo)の四人。にかく全員大きい声を出すのが主旨のバンド。

ナギラアツシのワンダフルワールド

バンバンバザール主催「勝手にウッドストック2013」打ち上げにて結成。ナギラアツシを中心にRock,Folk,Swing,Blues等バックグラウンドが絶妙に絡み合ったライブは各地で評判。

フレイディー マーキュリー

sujiko sumoguri

國木まちこ acc, vo, saw / エフィー tuba。2017年4月、大阪より東京移住を機に流動的不特定多数ユニット sujiko sumoguri結成。これまでにピアニカ、バイオリン、アコーディオン、アルトサックス、コントラバスなど様々な楽器と合体。同年9月より正式にチューバのエフィーが入ることにより、ひとまず2人組のユニットに落ち着くも、今後も沢山の楽器と合体予定。得意なコードはマイナーコード、つい偏ってしまう3拍子。人々の記憶に残る歌声に、歌うチューバが絡みつく。

青木リョータ

透き通る唄声と心に残る歌詞メロディで引き語る唄うたい

保土ヶ谷トリオ

横浜市の保土ヶ谷から来たトリオ。フラメンコとかSOULとかラテンとか??

華子

ラスピーボイス(ハスキーでパワフル)の歌い手。都内ライブハウス、ライブバー、クラブ、路上等で活動中。

Ayaca Saito

Ayaca Saito。ひとりよりも誰かとつるみたい。そのくせどこにも属さない無所属シンガー。jazz、blues、R&B、サンプリングミュージックなどなど。幅広いジャンルのミュージシャン達と活動を広げる。今回はビター&ソウル、アコースティックなHipなGroovy!!ルリイロをバックバンドに登場!!

ルリイロ

ナカムラマサ

2006年から音楽活動を開始。2012年にアコースティックでソロ活動を始め、クラブ、ライブハウス、カフェ、ストリートなどの様々なシーンで好評を得てミニアルバム「NATURAL REVIVE」をリリース。